てあてる > 放課後等デイサービス・児童発達支援 > 放課後等デイ・児童発達支援(千葉あすみが丘) > 普段の活動をご紹介!

2022年3月11日

普段の活動をご紹介!

こんにちは。てあてるの芽 千葉あすみが丘です。

前回に続き、てあてるの芽 千葉あすみが丘で実施している活動についてご紹介いたします。

 

片付けが終わると、日課(集団療育)が始まります。

椅子を並べてくれるなど、手伝ってくれる子もいます😊

集団では、主に平均台やハードルなどを用いた運動を実施しています。

“みんなで一斉に活動する”というよりは、“一人ずつ順番に取り組む”というパターンが中心になっているプログラムなので、順番を守ること・静かに座って待つことなども学んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

宿題📔がある児童は、日課の時間に行います。

その他にも、ひらがなや数字のなぞり書き、他のプリント教材、手指を使う教材等を用いた学習を実施する場合もあります。

また、この時間も個別療育を並行して実施します。

 

 

 

 

 

 

 

👆学習スペース

ここで宿題やプリント学習を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

👆運筆練習やなぞり書き等、実態に合わせたプリントを用意することも。

 

 

 

 

 

 

 

 

👆仕切りで部屋を二つに分けて、一度に2人まで個別療育を実施することができます。

 

 

日課が終われば、帰る時間になるまでは自由に過ごす時間となります。

おもちゃで遊んだり、塗り絵をしたり、思い思いの過ごし方をしています。

 

お問い合わせはコチラから

てあてるの芽 千葉あすみが丘

☎ 043-205-8686

📧 teatelnome.asumigaoka@teatel.net