てあてる > 放課後等デイサービス・児童発達支援 > 放課後等デイ・児童発達支援(富士) > かぼちゃのキッシュ~放課後等デイサービス~

2021年12月20日

かぼちゃのキッシュ~放課後等デイサービス~

こんにちは😊

てあてるの芽 富士です!

餃子の皮を使って、『かぼちゃのキッシュ』を作りました。

まずは、かぼちゃの種をスプーンで取る作業と、玉ねぎの皮をむく作業を分担して行いました🙋‍♂️

かぼちゃの種をとる作業では、職員が「(かぼちゃが動かないよう)押さえていてあげるね」と声をかけると、

「うん、ありがとう」と感謝の気持ちを自ら伝える姿が見られ、必要な時に必要な言葉を発することが

しっかり身についてきていることを感じました👏

たまねぎの皮をむく作業では、前回よりもスムーズにむくことができ、

職員から「上手にむけているね」と褒められると、「まあね😁と嬉しそうにしていました😆

次は、玉ねぎをスライサーでスライスする作業とハムを千切りにする作業を分担。

どちらの作業も怪我に繋がらないよう、手元をしっかり見ながら👀、慎重かつ真剣に作業を進めていました👌

栄養士さんにも「道具の使い方が上手になったね」とお褒めの言葉を頂きました😄

下ごしらえが終わったら、かぼちゃ以外の具材をフライパンで炒めていき、塩胡椒で味つけをします。

そして、炒め終わったら、アルミカップに餃子の皮を敷き、炒めた具材を入れます。

「どんな風になるんだろう?」とできあがりを想像し、期待を膨らませながら、

「(具材を)入れるのは、これくらいで良い?」と栄養士さんや職員に確認し、

丁寧に作業を進めていく姿が見られました。

最後に、チーズをちぎって上にのせていきます。

「チーズはこれくらいかな?」「うん、ちょうど良いね」など、職員とやりとりをしながら、

皆で協力して作業を進めます。

そしていよいよオーブンへ!

「美味しくなあれ」と願いを込めます

途中途中、焼け具合を確認しながら、焼くこと15分。

かぼちゃがホクホクして美味しい『かぼちゃのキッシュ』の完成です✨