てあてる > 放課後等デイサービス・児童発達支援 > 放課後等デイ・児童発達支援(富士) > フルーチェを作ったよ!~児童発達支援~

2022年5月25日

フルーチェを作ったよ!~児童発達支援~

皆さん、こんにちは。

てあてるの芽 富士です🎵

まかいの牧場で乳しぼり体験をしたり、

工場見学で牛乳ができるまでを知ることができた子ども達。

その牛乳を使った「フルーチェ」のクッキングを行いました。

職員が牛乳ができるまでの様子を紙芝居で振り返り。

子ども達もじーっと見ては「牛さんのおっぱいやったね」と自分が経験したことを

言葉で表現していました。

そして、いよいよ「フルーチェ作り」

エプロン、バンダナをつけ、職員皆から「かっこいいー」と褒められると

ニコニコ笑顔の子ども達。鏡でも変身した自分の姿を見てさらに笑みを浮かべていました😄

 

ボールにフルーチェのもとや牛乳を入れてまぜまぜ。

職員が子ども達の手を添えながら、混ぜ方の動作を知らせると自分で行う子も。

「まぜまぜ~」と言いながら次第に固まってくると「なんかかたくなってきた」

変化に気づく姿も見られました。

 

「んーおいしそう!」と完成に満足する声も聞かれ、容器に移す際も慎重に入れていました🎶

さらに、最後には皆でおいしくなる呪文。

「おいしく、おいしく、おいしくなーれ!」とフルーチェが美味しくなるように

大きな声で伝えては「早く食べたいね」と期待感に溢れていました。

その日のおやつはもちろん自分達が作った「フルーチェ」

「おいしい!」「おいしいね」と友達や職員と伝え合っては自分で作ったことに

嬉しさを感じていました。

 

クッキングは五感をフルに活用できる作業です。

五感を使いながら“自分でできた”喜びや“食べることへの興味”が湧くといいなと思います。