てあてる > 放課後等デイサービス・児童発達支援 > 放課後等デイ・児童発達支援(富士) > 茄子🍆の染め物実験~放課後等デイサービス~

2021年7月30日

茄子🍆の染め物実験~放課後等デイサービス~

こんにちは😊

てあてるの芽 富士です!

今回は、先日の茄子を使ったクッキングの特別編『茄子の皮で布を染めてみよう!』。

最初に、茄子の皮をピーラーでむきました。

少し難しそうにしていた部分もありましたが皮がむけるごとに「できた!」と達成感を味わっていました。

次に、鍋に茄子の皮と水を入れて沸騰させ、弱火で20分程煮ます。

煮ている間、栄養士さんが輪ゴムを使って模様をつける方法を教えてくださいました✨

そして、子ども達も挑戦してみることに!!

小さめの布を折りたたんだり、輪ゴムを巻いたりするのが、少し難しいようでしたが、栄養士さんの見本を見ながら、集中して作業を進めていました👏

煮出した後は、茄子の皮を取り出して布を入れ、15分程弱火で煮ます。

布の様子はこちら↓。

「すごい!きれいに色が出てる!」と鍋をのぞきこみながら驚いていました👀

その後は、ミョウバンを溶かしたお湯の中に15分程布を入れ、色落ちを防ぎます。

待つ間、栄養士さんから「ミョウバンは制汗剤としての効能もあるんだよ」と教えてもらい、実際にミョウバンを触ってみました✋

「ざらざらしてるよ」と言いながら、手の甲に塗り、感触を確かめていました🤔

そして、いよいよできあがり!

野菜の皮を使って染め物ができること、そして色の変化や物質の効能など、様々なことについて知ることができた貴重な時間となりました😄