てあてる > 放課後等デイサービス・児童発達支援 > 児童発達支援(富士) > 事例検討会~よだれについて~

2022年8月4日

事例検討会~よだれについて~

皆さん、こんにちは😀

てあてるの芽 富士です。

職員間で「よだれについて」の事例検討会を行いました。

原因として考えられることは何か…

・顔の筋力の未発達 ・鼻呼吸が難しく、口呼吸が多い ・口を閉じる難しさ

・意識が向かない ・機能的問題(扁桃肥大の可能性)

職員間で意見を出し合いました。

その中で、正しい姿勢が難しいからこそ、そこから繋がる他の部位の発達が難しいのではないか

共通認識をもちました。

また、正しい姿勢が難しいと猫背になりやすく、空気の通り道も狭くなりやすいことから胸や肺を圧迫して

呼吸が浅くなることが考えられるためだからです。

そして、日々の支援の中で行っていくこととして

・体幹、バランスを促す遊び ・顔の体操 ・笛 ・シャボン玉 ・フーフー吹き

体幹を促す遊びを取り入れながら顔にもアプローチをかけていくことで、体の主軸から顔の筋力へ

促すことができるのではないかと確認し合いました😄

“よだれ”と聞くと顔や口周りに注目しがちですが、主軸となっている所はどこなのか

土台になっている部分はどこなのか追求していくことで新たに知ることや発見もあり、

適した支援に繋げられるので今後も職員間で話し合いながら子ども達に適した支援を行って

いきたいと思います。